應和監査法人 OHWA RECRUITMENT

MESSAGE メッセージ

應和に入所してから
1年経過して感じること

社会人になってからの一年間は全てが新しい経験ばかりであり、専門的な知識はもちろん、マナーや言葉遣いなど社会人としての振る舞いをたくさん学び、新鮮であっという間でした。

当法人に入所したばかりの頃は右も左もわからず、毎日が手探りの状態でした。クライアントに一歩入れば、「監査人」として認識され、先輩方の仕事の丁寧さと効率の良さ、さらにたくさん勉強をされているからこそのプライドを見て、そんな人たちと働ける喜びを感じたと同時に、自分の監査人としての自覚の低さと力不足を痛感しました。そんな私を気にかけた先輩方は、質問しやすい環境を作ってくださり、そのおかげでチームとのコミュニケーションがとりやすくなりました。そしてそこから、仕事に対する姿勢をたくさん学ぶことができ、私が行った業務に対して「ありがとう」と言われる度にやりがいを感じ、励みになります。

今でも「予定通りにできなかった」と反省することが多々ありますが、限られた時間の中で自分の出来ることを探し、試行錯誤する毎日が、忙しくも充実していると改めて感じています。私は2年目となるため、今まで先輩方から教わったことと、自分がこの一年間で感じた反省点を活かして、チームに貢献していくことはもちろん、後輩から頼れる存在となるために自己研鑽を積んで行こうと思います。

さらに当法人では8年でアソシエイト、シニアアソシエイト、スーパーバイザーという職階でキャリアを積めるため、今後は小規模な会社のチームリーダーになることを目標に、今できることを全力で行います。

監査アソシエイト

青野 – 2年目Aono